本当に効く育毛剤のミノキシジルが評判らしい?

本当に効く育毛剤のミノキシジルが評判らしい?

本当に効く育毛剤ミノキシジルが評判らしいです。

 

 

 

ところであなたはミノキシジルってご存知ですか?

 

本当に効く育毛剤ミノキシジルは1979年当時アメリカのアップジョン社今はJohnson&Johnson社の手によって高血圧症の治療薬ロニテンとして作られた成分です。

 

 

 

ロニテンはもともと高血圧のかたが降圧剤として使用していたミノキシジル入の薬ですが、使っている人達の髪の毛が生えてきたという口径薬です。

 

しかしこの薬は副作用が多く出たため、育毛用に使うために口径用ではなく外用育毛剤として新しくロゲインと言う名前で塗布用として販売され始めました。

 

 

なので現在もロニテンは育毛用に扱われておらず、降圧剤としてのみ使用許可が下りている薬です。

 

現在ロニテンはミノキシジルタブレットとして売られていますが、決して育毛用ではありません。しかも日本での販売は許可が下りていない薬です。

 

日本での販売は塗布用のみとなっていて、大正製薬が販売しているリアップに含まれているミノキシジルが体験できるだけです。

 

 

 

 

ロゲインを販売しているのはアメリカのアップジョンという製薬会社で、今は世界に拠点を置くファイザー社に売却され取り扱われている育毛剤です。

 

 

 

ミノキシジル成分による育毛効果には、当初は血管拡張作用があり髪が生えてくると評判でした。

 

しかし、本当に効く育毛剤ミノキシジルの本来の働きには毛根内部の毛乳頭細胞を刺激して発毛因子を放出させる効果があることが明らかになった成分です。

 

 

 

 

ミノキシジル入りロゲインの育毛効果

 

ロゲインとして販売され始めたミノキシジル入の育毛剤は当初2%入でした。

 

しかし、2%入のミノキシジルでは育毛効果は薄く人気も下降線をたどるなか、5%入のロゲインがつくられ販売され今に至っています。

 

 

 

ミノキシジルが5%というと上記に紹介した国内で唯一本当に効く育毛剤ミノキシジル入りとして販売されているリアップがありますが、不要物の配合量に違いがあるにせよほぼ一緒の育毛剤の効果を示すものと見て良いようです。

 

ただ違いがあるのは値段的に見た問題だけだと思われます。

 

 

 

ロゲインの人気は今も衰えることはなく、多くのみなさんが使用して育毛効果を思う存分味わっているようです。

 

なぜなら、ロゲインは値段的に見てとてもお得に購入することができているからです。

 

 

国内で販売されているリアップもまた多くの方が使用して今までにない育毛効果を体験している育毛剤となっていますが、値段が高いデメリットもありロゲインへと乗り換えている方も多いという現状があります。

 

 

 

ミノキシジル入り育毛剤はロゲインだけではない?

 

本当に効く育毛剤ミノキシジル入り育毛剤はロゲインだけではありません。

 

 

ロゲインにはジェネリックといわれるカークランドという育毛剤も存在します。

 

カークランドは先発医薬品であるロゲインの特許権が無くなったためジェネリックとして製造販売されている育毛剤です。

 

 

そのため、値段的に見ると約3,3割も安価で購入することができて本当に効く育毛剤ミノキシジル効果が体験できる育毛剤となっています。

 

効果効能はほぼ一緒で内容量も一緒です。まっ、ジェネリック医薬品ということを考えれば当然の理由かもしれませんが^^

 

 

しかし他の育毛剤を見てみると、近年まで売られていたポラリスという育毛剤が販売中止になった後に新たに販売されたフォリックスという育毛剤があります。

 

 

フォリックスは全ポラリスと同等の育毛効果があるそうで、ひどい薄毛や抜け毛で悩んでいる人達あいだでは人気的存在になっているようです。

 

その人気となっている理由には、ロゲインやカークランドに含まれている本当に効く育毛剤ミノキシジル成分の配合量が5%ではなくそれ以上の配合量になっている理由があるためだと思われます。

 

ひどい薄毛に悩まされている人は、ロゲインやカークランドの5%という本当に効く育毛剤ミノキシジル効果では思うような育毛結果に結びついていないという理由があり、もっと育毛効果を味わいたいという人達が塗布用として使う育毛剤の最終手段として使っているようです。

 

 

 

しかしこのような理由があるなか、と不要ではなく口径用のミノキシジル入り内服用の薬が存在しています。それがミノキシジル成分配合の錠剤タイプ「本当に効く育毛剤ミノキシジルタブレット」です。

 

ミノキシジルタブレット通称ミノタブといわれており、昨今とても話題になっていて、本来高血圧の人が降圧用として使用している薬です。

 

 

もともと降圧用として使われているため副作用の危険性がありますが、副作用をものともせず使っている感がある薬です。

 

 

ミノキシジルタブレットの副作用には

 

  • 多毛症
  • むくみ
  • 狭心症

 

などの主要副作用が上げられます。

 

 

 

多毛症という副作用とは?

 

本当に効く育毛剤ミノキシジルタブレットの主成分にはミノキシジルが使われています。

 

 

 

ミノキシジルの作用には毛細血管を拡張させ血流を良くするという特徴的作用が働きます。

 

血流促進と同時に血管の末端に存在する毛根部分の毛の伸長を促進させている毛乳頭細胞に対して発毛促進因子を放出させる作用を促します。

 

しかもこの作用は体全体に及び作用するわけですから多毛症は体全体を覆い尽くす格好となり、今まで生えていなかった部分にも毛が生えてくる事になってしまいます。

 

これがいわゆるミノキシジルタブレットを服用したときに起こる多毛症の原因です。

 

 

 

むくみ・狭心症という副作用とは?

 

本当に効く育毛剤ミノキシジルが体内に入ると体中の血管が拡張されるわけです。

 

本来高血圧の方がミノキシジルを飲むと血管が拡張された後に血圧が下がる現象が起きてきます。その時体内では下げられた血圧を元に戻そうとする働きが生まれるわけです。

 

血圧を上げるために体内に水分や塩分を多く貯めようと必死に抵抗してきます。

 

そのときに生じる発作が鼓動を早めるなどの心臓への負担やむくみです。

 

 

本来であれば、ミノキシジル成分を服用する場合はむくみを処理するための利尿剤や狭心症を和らげるなどの併用薬が好まれています。

 

 

今をときめく本当に効く育毛剤ミノキシジルタブレット通称ミノタブの使用は、ひどい薄毛や抜け毛で悩んでいる人にとってみれば髪を生やす又とない最良の方法となっています。ですが、正しい使い方をしなければ命の危険性すらある薬です。

 

もしどうしても使うのであれば容量、用法を正しくしっかりと守りましょう。

 

 

 

でも、危険性があることは言うまでもないことは肝に命じて置かなければなりません。少しでも体への以上が見られれば病院に駆け込みましょう。